ホーム>太陽光発電とオール電化>コストを抑えたい方

コストを抑えたい方

少しでも導入費用を抑えたい!

太陽光発電やオール電化の導入を検討している方のほとんどが、このようにお考えなのではないでしょうか。確かに、太陽光発電やオール電化の導入は便利でエコなものですが、決して”安い買い物”ではありません。少しでも導入費用を抑えるためには、補助金制度の利用がおすすめです。

補助金制度の利用で設置費用を削減

補助金制度の利用で設置費用を削減

太陽光発電の導入は国単位で推奨されていますので、国からはもちろん、都道府県や市区町村からも補助金が受けられます(一部、補助金の出ない自治体もあります)。
補助金を受け取るには条件があり、また「予算枠がある」「受付期間がある」「先着順」「申請手続きが煩雑」など、詳細な知識がないと受け取り損ねてしまう場合もあります。当社のスタッフは、補助金に関して豊富な知識がありますので、お気軽にご相談ください。

>>補助金制度について詳しくはこちら

 

 

できるだけ早く"もと"をとって、お得感を味わいたい!

太陽光発電やオール電化を導入したはいいものの、あまりお得感が感じられない……では、あまり意味がありませんよね? 太陽光発電やオール電化は、光熱費がグンと抑えられ、便利でエコな生活を実現するもの。こちらでは、できるだけ早く”もと”をとって、お得感を味わうためのポイントをご紹介します。

ポイント1 売電制度を利用する

ポイント1 売電制度を利用する

太陽光発電で作り出して使いきれなかった電力は電力会社に買い取ってもらうことができます。発電効率の高い機器を購入したり、ご家族で節電に取り組み使用電気量を抑えたりすることで、売電価格を高められます。
また、夜間の電気代が割安なプランに変更し、夜に洗濯機を回す、朝ご飯やお弁当の準備で夜間にできるくらいのことは夜間に済ますなど、割安な時間帯に電力を効率よく使うといった工夫をすることでも電気代を抑えられます。

>>売電制度について詳しくはこちら

ポイント2 保障期間が長いメーカー機器を選ぶ

ポイント2 保障期間が長いメーカー機器を選ぶ

太陽光発電システムやオール電化製品は日々使うもののため、故障がないともいいきれません。
導入費用を抑えるために安い機器や保証期間が短い機器を購入し、すぐに故障して修理がかかってしまっては意味がありませんよね。そのうえ、太陽光発電のパネルに至っては、屋外にあるためセルフメンテナンスができず、プロによるメンテナンスが必要になります。高額な導入費用はかかっても、長期的に見て性能の優れた、かつ保証期間が長い機器を選びましょう。

 

 

ページ上部へ